肌艶のいい肌になるために欠かせないデリケートゾーンケアとは?その2

恋すると肌艶よくなる話を前回のブログに書きましたが・・・

恋だけではないんですよ肌艶よくなるのって・・・

・何かを目標に向けて走っているとき

・たんぱく質をしっかりとっている

・デリケートゾーンのケアをしている

はい!書いちゃいまして、デリケートゾーンが女性にとって一番大事な所なんですよね。

そもそもデリケートゾーンの話って、日本ではなんか秘め事的な、卑猥なかんじでとらえやすいけど、

違うからね、違うよ!今医療界でも注目されてます!!!

女性は出産によって膣が下がってきたりして、尿漏れがあったりしますよね

その時膣体操を病院で進められると思うんですが、それだけで間に合わない人は手術する人までいるという・・

尿漏れだけでなく実は今膣が乾燥している人が増えてるんです。

そうなると、パートナーとの営みの時に大問題。

レスになる可能性が大!それは、20代30代でもある話。なぜかというと、過度なダイエット、寝不足、過労、ストレスが

大きな原因。そのため女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が減少、若くても膣の萎縮や乾燥は起こります。

出産したママがする気がない~っていうものホルモンのバランスもあるのだけど、過労・寝不足・ストレス=子育て

だったらなお、乾燥してしまい不妊の原因にもなるんだよ(分泌物が減少するため)

旦那さんの子とパートナーの事大好き、キュンってなれば潤いやすいのかもしれないけどそれもまぁ、難しいじゃない((笑))

フランスでは幼少期に母親から、膣には粘液があり、それが体を守る大切な免疫力の役割を持ち、

女らしさのバロメーターであり、子供を授かる意味でも大切だということを教わります。

もちろん膣ケアも!

フランス式ベビーマッサージセラピストになると、その膣ケアのお話もしてもらうので、

学ぶことが出来るんだよ。

膣ケアは、ちつのトリセツを読んでいただきたい!!!

目から鱗の話が盛りだくさん!!!!!!!!!

要は、デリケートゾーンケアをすると、肌艶よくなり、潤うからだとなり、背筋もピンとなり、便秘も解消など

女性にとっていいことがたくさんなの。

後、フランス式ベビマで使用しているオイルのSKINHAPTICSでは、

オーガニックのオイルを使用したデリケートゾーンのマッサージのオイルもあります。

出産へ向けて会陰マッサージとしても使え、赤ちゃんにもママの妊娠線予防にも使えるんです。

こちらは、日本未入荷・・そして大手メーカーや大手百貨店では卸さないというこだわりがあります。

香りもとっても良くて、使ってるお友達やお友達子子どもは癒されるいい香りと言ってます。

おススメです、オイルについてはまた次回~

関連記事

  1. 肌艶のいい肌になるために欠かせないデリケートゾーンケアとは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。